FC2ブログ
2012’10.25・Thu

月子&颯、ピエトロのイベントに行く

10月13日(土)、自称イケメンでイクメンの旦那さま34才のバースデー。
私と子供たちは、朝も早よから電車でGO!
ピエトロのキッズイベントに参加してきました。(夫は急きょ仕事になった

姪浜駅でひとみさんに拾ってもらい、能古渡船場へ。
参加費2000円(1000円×2.颯は無料)を払い、名札とメッシュのユニフォームを
受け取った月子。
私たちは、さつまいもグループでした。
ひとみさん親子とは残念ながら別だったんですが、事前に言ってたら同じにしてもらえ
たんだって。メモメモ


フェリー
フェリーに乗って、いざ能古島へ!
コスモスが見頃のシーズンとあって、フェリーは超満員。
階段にまで人が立ってる状況だったため、私たちは出入口付近に乗りました。

能古島に着くと、中型のバスでのこベジファームへ移動するんだけど、ここでゆかち親子は
VIPな待遇をしてもらえましてね~。
颯が風邪薬を飲んでてお昼寝の可能性があったため、ベビーカーを持参してたんです。
バスを降りてから10分ほど歩かないといけないとかで、
「お子様も小さいですし…」と、レストハウスまで行くスタッフ用のワゴンに乗せていただけ
ました♪


プログラム
イベントは小学生以上が対象ですが、下の子の参加もOK。
この寛容さもすごく有難いです~。
名札やユニフォームも準備してくれてたのに、ご機嫌ナナメの颯は断固拒否。
普段なら「うふぅ♪ワンピースみたい♪」って喜びそうだけどね。

社長さんも登場された開会式の後は。

ニョッキ
ニョッキ入りスープ作り。
最初に大根を切って(スープの具)、ニョッキをこねこね、小さくちぎって、平べったくしたよー。
何が素晴らしいって、親の手出しは一切不要なこと!
スタッフの皆さんが全力で手伝ってくれるので、親はフリー。
ベンチに座って一息つくも良し、パー子になって写真撮りまくるも良し。
この頃には颯もご機嫌になり、持参したメロンパン1個をペロリとたいらげました。


どっこいしょ
お次は、野菜の収穫ツアーに出発。
うんとこしょー!どっこいしょー!
どっこいしょったらどっこいしょー!!


とっだどー
抜けたどー♪♪
野菜のクイズをしながら、大根、かぶ、ねぎ、さつまいも、、水菜、豆類などを収穫しました。
子供がゲットしたものはその場で袋に入れ、それぞれお持ち帰りできます。

同じグループに、お父さんと小1の男の子二人で参加されてたご家族がいたのですが、この
お父さんがとにかくおもしろい!
おかげで笑いの絶えない時間が過ごせました♪

そしてお待ちかねの昼食。
子供たちが切った大根と手作りのニョッキ、たくさんの野菜が入ったスープに、さつまいもご飯。
さらにバーベキュー&サラダでウホウホ。


もぐもぐ
ちょーくんは豚バラが気に入り、こればっかり食べてたよ。
焼くのも全部スタッフの方がやってくれて、参加者はただただ食べるのみ。
私は大好物の手羽先をいっぱいお替りさせてもらいました。
お腹いっぱーい!


遊んでもらう
私が手羽先を食べている間。
おもしろいお父さんに遊んでもらってたうちの子たち。
こんな人がお父さんだったら、毎日楽しかろうねぇ…。

食後は自分たちでお皿を洗い(ユニフォームが長いから、びしょ濡れになってる子多数。笑)
親は見守るだけで楽~。


ぐるぐる
続いてブンブンゴマの製作。
すっかり雰囲気に慣れた颯も参加しました。
見ての通り、息子はサウスポー!


こま
新幹線「さくら」だそうです。
わぁ、上手!(棒読み

このブンブンゴマ、両手でひもをぐるぐる回した後引っ張るとコマが回転するんですけど、
子供たちがいとも簡単にやってたから、私も挑戦してみると。
1回も成功せず。汗
みんなで回してみよう大会とかなくて良かった…。


認定証
最後に認定証とお土産(ピエトロドレッシング2種類)をもらって終了。
何と、颯の分までありました。ヤッホーイ!
野菜の収穫も本人にやる気さえあれば参加できたし、幼児は無料なのに、お兄ちゃんお姉
ちゃんと同じこと体験できんの。

至れり尽くせりで、お土産までいっぱい。
大満足のイベントで、ピエトロがますます好きになりました♪

荷物になることこの上なかったベビーカーは、イベント中とうとう出番無し。
でもグズグズじゃなくて助かったー。

半日外にいて、移動も電車で大変だったわりに、私の疲労はそれほどでもなく。
やっぱ自然の中で過ごしたから、かなりのリフレッシュ効果があったんだろうなぁ。
当然ながら虫もいっぱいいたんだけど、もし私の頭にバッタが止まっても誰かが助けてくれる!
って思ったら、それほど恐怖は感じずに済みました。
28才主婦の、ちょっとした成長。

ひとみさん、駅と渡船場までの送迎ありがとうございました。
来年はぜひ同じグループで!


スポンサーサイト



Categorieイベント  - コメント(4) TOP

 |TOP